ネクラの、ネクラによる、ネクラのための本屋。

[%category%]

[%new:NEW%] [%title%]

[%article_short_17%]

[%category%]

[%new:NEW%] [%title%]

[%article_short_17%]

[%category%]

[%new:NEW%] [%title%]

[%article_short_17%]

[%category%]

[%new:NEW%] [%title%]

[%article_short_17%]

 

[%category%]

[%title%]

[%lead%]

[%article_short_50%]

[%new:NEW%] [%article_date_notime_dot%]

 


[%category%]

[%title%]

[%lead%]

[%article_short_50%]

[%new:NEW%] [%article_date_notime_dot%]

 


[%category%]

[%title%]

[%lead%]

[%article_short_50%]

[%new:NEW%] [%article_date_notime_dot%]

 



[%category%]

[%title%]

[%lead%]

[%article_short_50%]

[%new:NEW%] [%article_date_notime_dot%]

 


[%category%]

[%title%]

[%lead%]

[%article_short_50%]

[%new:NEW%] [%article_date_notime_dot%]

 


私たちはあと10年でどれだけ世界を変えられるだろう。
 
「2030年問題」という言葉があります。
我々人類に突きつけられた一つのリミットです。
国内においては総人口の1/3が高齢者となり、
年金、医療、介護サービス等の破綻に起因する財政危機が心配されます。
また、経済活動を維持するための労働力は枯渇し、
地方都市はその機能を保つことができなくなる可能性があります。
 
世界においては、地球環境に決定的な打撃を与える
<平均気温の上昇>を食い止めるリミットが2030年です。
具体的なアクションが採られなければ、
干ばつに洪水、食糧危機に、海面上昇による大規模難民、それに伴う紛争...
気候変動が引き起こす結末は容赦のないものとなるだろうと言われています。
 
たった、あと10年...
私たちはあと10年でどれだけ世界を変えられるのでしょうか。
 
あと10年足らずでおとずれるであろう危機を前にして我々がすべきことは、
(他社や他人と)競争し、より多く稼ぎ、うまく勝ち抜けることでしょうか?
自分だけが、自国だけが良ければ、あとはどうでもいいと開き直ることでしょうか?
絶望的な状況に鬱憤をためて、SNSで他人を攻撃することでしょうか?
手を繋ぐことより、手を振り払うことでしょうか?
 
今我々全員が問いかけられています。
 
会社で「アイツは使えない」といっている有能なあなた。
そして「誰も自分の素晴らしさをわかってくれない」と拗ねている才能溢れるあなた。
もう時間がありません。
どうかその素晴らしい能力で、この苦境を乗り切るリーダーとなって下さい。
 
今、世界があなたの力を待っています。
 
SDGs「持続可能な開発目標」という意味。
2015年に国連総会で決められた、2030年までに目指すべき17の目標です。
「まずしい人々が取り残され、地球環境は悪化しており、このままでは世界が立ち行かなくなる」
という強い危機感のもとにつくられました。
「今だけでなく、ずっと続けていくことができる」ということにひとり一人の人間が向き合っていく、
そんな10年がすでにはじまっているのです。
これはキレイごとでも理想論でもありません。
夢がない、目標がない、そんなあなたの人生の扉ともなる17の目標。
ぜひここからはじめてみませんか??
 
詳しくはこちら
 

おーじー

 店主

 
ネクラ本屋の店主 兼 (手描きPOPの)ポップアーティスト。
黄色ロゴの某大手CD販売店にて手描きPOPの真髄に触れる。
某書店チェーンのサラリーマン時代、自身の手掛ける書棚に足繁く通って下さるお客様たちから、「ネクラの、ネクラによる、ネクラのための本屋」の発想を得る。
独立の後「鎌倉 うごかす文庫」プロジェクト始動。
「本屋をMY寺院に」、「ネクラ流 持続可能な社会」をテーマに活動中。

 

新着記事

[%article_date_notime_dot%] 

[%new:新着%] [%title%]