「鎌倉 うごかす文庫」のご紹介

ネクラの、ネクラによる、ネクラのための本屋

 
はじめまして店主のおーじーと申します。
ご来店頂きましたこの本屋は、自他共に認める生粋のネクラ店主が営む、
<ネクラ人のための>隠れ家的本屋です。
営業は24時間、365日(性格が暗いだけあって、かなりのブラック本屋です)。
インターネット環境さえあれば、昼夜、場所を問わず、地球のどこからでもご来店頂けます。

 ネクラ店主の願いはたったひとつ。
「この本屋にご来店頂いたお客様のこころがどうか1mmうごきますように...」
その1mmは前進である必要はありません。
後ろでも、下でも、斜めでも構いません。
水面を波紋がどこまでも繋がっていくように、
<最初の1mm>のうごき、変化のきっかけとなれたなら、これに勝る喜びはありません。
この本屋で知って頂いた本を、当店でお買い上げ頂く必要はございません。
他の新刊書店、ネット販売、古本屋等、
お客様のお求めやすい媒体でご購入頂けたらと思います。
それがネクラ店主の<志>であり、<心意気>です。
 
本を探す

 ネクラ流  持続可能な社会

「問題は明るみに出された。
 だから、社会にとって好ましいもの、
 もはや好ましくないものを見ることができる。
 そのおかげで、この世界の好ましい将来像を決めることができる」 

 
「絶望にも才能がいる」、小林秀雄さんの言葉です。
「鬱は大人のたしなみですよ。それくらいの感受性を持っている人じゃないと、
俺は友達になりたくないから」、これはリリー・フランキーさんの言葉です。
<ネクラこそが世界を変える存在である>
私が本気でそう考える根拠こそこれらの名言です。
 
強い者こそが正しく、より独占し、支配できる...
という典型的な「強者の理論」に洗脳されている人たちは、
実のところ、健全に絶望することも、悩み、自分の心と向き合うことが出来ないのです。
向き合われずに排除され続ける様々な感情が多くの歪みを生じさせ、
<生きづらい>といわれる社会を作りあげているように思えてなりません。
 
「心の機微を感じとる高感度のセンサー」「物事の本質を深く捉える思考力」
「ネガティブさと根気強く向き合う対話力」...これらはネクラ人に備わる愛すべき属性です。
「弱さ、苦悩は罪なりや...」太宰治は絶叫しましたが、
罪どころか、貴重な貴重な宝石である!! とネクラ店主は今日も考えています。
 
本を探す

 本屋をMY寺院に

個人的に今の日本人に最も必要なものは「お寺」、
あるいは「お寺の機能」を備えた何かしかであると思っています。
 
「雑音(ノイズ)を遮断して、静かに自分の内面を見つめられる空間・時間」
「時代という集合意識の洗脳を解きほぐすヒントをくれる空間・時間」
 
本屋はまさにそんな空間・時間を与えてくれるひとつの<場>ではないかと思います。
時代の変革期の真っ只中で、我々は常に問いかけられています。
 
「あなたにとって<これからの時代>本当に価値のあるものとは何ですか???」
 
その答えは外側にではなく<内側>にあるのではないでしょうか?
本を探す

おーじー

 店主

 
ネクラ本屋の店主 兼 (手描きPOPの)ポップアーティスト。
黄色ロゴの某大手CD販売店にて手描きPOPの真髄に触れる。
某書店チェーンのサラリーマン時代、自身の手掛ける書棚に足繁く通って下さるお客様たちから、「ネクラの、ネクラによる、ネクラのための本屋」の発想を得る。
独立の後「鎌倉 うごかす文庫」プロジェクト始動。
「本屋をMY寺院に」、「ネクラ流 持続可能な社会」をテーマに活動中。

 

新着記事

[%article_date_notime_dot%] 

[%new:新着%] [%title%]